沖縄マツダ

採用情報

採用情報

棚原 真毅

棚原 真毅

浦添店 サービススタッフ(入社7年目)

ただ整備するだけではない、「走る歓び」をより一層感じていただくためにお客様をサポートするよう努めています。

マツダに入社した動機を教えてください

幼いころからクルマが好きで、とくにRX-7のようなスポーツカーが好きだったこともあり自然と自動車整備士を目指すようになっていました。
学校でロータリーエンジンの技術について詳しく学び、このような唯一無二のエンジンを開発するマツダの技術力に触れたいと思い、入社を志望しました。

マツダに入社した動機を教えてください

どんなときにやりがいを感じますか?

お客様から御礼のお言葉をいただいた時にやりがいを感じます。例えば、オイル交換で入庫いただいたお客様に、ご自身ではなかなか気が付きにくいエンジン不調を発見・提案し、その修理を終えた際に「調子が良くなっている!ありがとう!」と喜んでいただいたことがありました。このように、お客様一人ひとりの感謝の言葉が仕事をする上でのやりがいと活力につながっています。他にも、難しいとされる整備を成し遂げた時には、「日々の勉強が結果に結びついた」と〝達成感〟を得ることができるのもこの仕事のやりがいです。

どんな時にやりがいを感じますか?

マツダの社内研修や人材育成はいかがですか?

広島で行われる研修は専門の社員が教えてくれるので、より詳細なお話が聞けてとても充実しています。沖縄マツダの社内研修においても、サービス領域以外に、新型車のセールス研修などに積極的に参加できます。全ての研修で得た知識がマツダ車の「走る歓び」を実現させる整備に活きていますし、なによりもお客様とのコミュニケーションに役立っています。

マツダの社内研修や人材育成はいかがですか?

ご自身の思い描く未来像を教えてください

沖縄マツダ全体において、強いチームワークの発揮に貢献できる人材になりたいと考えています。サービス部門だけに限らず、広い視野を持って自ら成長し、社内外から頼られる存在になる。そうすることで、会社全体の力を底上げし一体感を生み出すことができれば、社員もお客様もみんなが笑顔になってより一層沖縄マツダファンが増えると思っています。

ご自身の思い描く未来像を教えてください

営業スタッフ 採用