沖縄マツダ

採用情報

採用情報

屋富祖 寿

屋富祖 寿

浦添店 サービススタッフ(入社2年目)

日々の業務の中で常に成長しているのを感じ、よりお客様のお役に立てる沖縄マツダの一員になっていると実感しています。

マツダに入社した動機を教えてください

ある漫画に登場したRX-7が好きで、自分のクルマを自らメンテナンスしたり、サーキット走行を楽しんでいる友人のRX-7のチューニングを手伝ったりしているうちに、「もっとクルマに詳しくなりたい、もっと技術を磨きたい」と思うようになり、プロ整備士を目指すようになりました。また、「地元沖縄で」という想いと、「大好きなロータリーエンジンの整備ができるようになりたい」という想いから沖縄マツダへの入社を決意しました。

マツダに入社した動機を教えてください

どんなときにやりがいを感じますか?

今はまだ入社2年目ということもあり、一つ一つの作業にやりがいを感じています。
特に特殊工具を使用する難易度の高い作業を行う際、先輩からお手本を見せていただいたり、的確なアドバイスをいただいたりして一人で作業をこなせるようになった時には、自分の成長が実感できます。また、点検整備を終えてお客様に作業報告をする際に、特別な作業でなくても御礼をいただけることがとても嬉しく、仕事のやりがいにつながっています。

どんな時にやりがいを感じますか?

マツダの社内研修や人材育成はいかがですか?

入社後すぐに広島へ研修に行き、SKYACTIVやロータリーエンジンなどの基礎を学びます。また、沖縄マツダ社内研修にて様々な事例を聞きながら実践していくことは技術向上の基になっています。日々の業務でも、年の近い先輩がいるため、わからないことがあっても丁寧に教えてくれたり、難しい作業の場合はベテラン社員が目の前で手本を見せてくれます。このような環境にとても感謝しています。

マツダの社内研修や人材育成はいかがですか?

ご自身の思い描く未来像を教えてください

今は私自身が教えてもらっている立場ではありますが、これからもっとスキルを磨いて先輩方のように教える側の立場になり、後輩が見本としてくれるようなエンジニアになりたいです。
また、マツダ車だけでなく他メーカーのクルマにも詳しくなることで、より客観的にマツダのよさを理解できるようになりたいと考えています。

ご自身の思い描く未来像を教えてください

営業スタッフ 採用